茶論東京・横浜・大阪

体験稽古のご予約

http://普段着・手ぶらOK!はじめての茶道体験3,300円%20ご予約はこちら

"※クリックすると予約サイトTOPに遷移します。

※茶論各店では新型コロナウイルス感染症対策として、手の消毒、マスク着用、道具・機器の消毒、席数制限などの対応を引き続き徹底してまいります。 ご理解・ご協力のほど、お願い申し上げます。

「お茶に興味はあるけど、習うのは難しそう」
と感じていませんか?
茶論ではお茶を普段の生活の中で
楽しむためのコツを学んでいただけます。
生徒の皆さまも、茶道にふれるのは
初めてという方ばかり。
ぜひ気軽にご参加ください。

体験稽古の特長

少人数でテーブルを囲み、楽しく学びます。
普段着・手ぶらで参加でき、
メモやお菓子などの撮影もOK。

抹茶は京都・丸久小山園(茶論オリジナルブレンド)、
ご好評の季節菓子は奈良・樫舎から取り寄せています。

こだわりのお道具と季節のしつらえについて、
講師が解説します。
日常で忘れがちな四季の移ろいや
日本の美意識にふれてみませんか。

まずは体験稽古から
903,300円(税込)
*抹茶(薄茶)二服・
季節菓子・干菓子付き

茶論では、日々の暮らしの中で美意識を磨くきっかけとなることを願い、
お茶の点て方や所作などとともに、その背景をお伝えしていくことを大切にしています。

東京・横浜・大阪の店舗で開講している「体験稽古」では、
茶論の稽古の流れや雰囲気を体験していただくことができます。

自宅でおいしくお茶を点てるコツや、美しく見えるお辞儀の仕方なども学べる
充実の90分レッスン。


普段着・手ぶらOKで、稽古中はメモや質問も自由にできますので、
茶道未経験の方もどうぞお気軽にご参加ください。

※茶論の稽古はテーブルで行います。
※体験当日に初級コースをお申し込みいただくと入会金13,200 円が無料となります(その場でお申し込みの場合)。
※スライドの撮影・録画はご遠慮いただいています。

講師からのメッセージ

気軽に楽しく、
茶道文化にふれる90分

「茶道」と聞くと、正座・着物・作法など、敷居が高いイメージをお持ちではないでしょうか。
茶論の体験稽古では、茶道文化のなりたちや抹茶やお菓子のいただき方など、講師がモニターを使いながらわかりやすくお伝えしています。
ご参加いただきました皆様からは、よい意味で茶道のイメージが変わりました、といった嬉しいお声をよく頂戴します。実は暮らしにも活かせるヒントがたくさん詰まっている茶道文化。茶論ではちょっとした非日常感の余韻とともに、笑顔でお帰りいただけるような稽古を心がけています。ぜひお気軽にご参加ください。

参加された方のコメント

55歳 主婦

気軽にお茶を楽しみたくて

20代の頃にお茶を習っていたのですが、引っ越しや子育てなどをきっかけに、自然と足が遠のいたまま何年も経っていました。でも純粋にお茶は好きだったので、忙しさがひと段落したここ最近は、機会があればまた始めてみたいと思っていました。そんな時に、テーブルで楽しくお稽古ができる茶論のことをたまたま知り、これだ!と思わず嬉しくなりました。

36歳 接客業

日本文化を語れる人になりたい

外国人のお客様や、海外にいる友人たちから、茶道や着物など日本の文化・習慣についてよく聞かれます。知識だけでなく、自分の体験も交えて語れるようになりたいと思い、茶論の体験稽古に参加しました。現在は、中級。いつか家族や友人をお点前でもてなしたいと思っています。

42歳 出版業

日常を忘れて息抜きできる場所が欲しくて

最近は仕事が忙しくてなかなか趣味を持てずにいましたが、年相応の教養やマナーを身につけたいという漠然とした想いはありました。たまたま知人から茶論を教えてもらい、軽い気持ちで体験稽古に参加したのですが、ウェブで予約やキャンセルができるのと、日常生活でも役に立ちそうなエッセンスがかなり詰まっていたので、その場で入会することにしました。興味や関心が近い生徒さんが多いので、毎回良い刺激をいただいています。

アクセス

※体験稽古のスケジュール確認や予約は、
無料会員登録後、予約専用サイトから行えます。

  • 日本橋店
  • 大丸心斎橋店
  • ニュウマン横浜店

稽古について

稽古は「初級・中級・上級コース」の3段階で学んでいきます(各コース全6回)。

  • 初級お茶を美味しく淹れる・点てる

    第1回「お茶の歴史」
    第2回「日本茶の淹れ方・愉しみ方」
    第3回「薄茶に親しむ」
    第4回「濃茶に触れる」
    第5回「道具のはなし」
    第6回「茶会」
  • 中級お茶でもてなす

    第1回「点前とは何か」
    第2回「茶道具箱の点前」
    第3回「菓子」
    第4回「設え」
    第5回「花」
    第6回「茶会」
  • 上級もてなしの力量をあげる

    第1回「茶事でもてなす」
    第2回「茶道具箱の濃茶点前」
    第3回「道具組・設えを考える」
    第4回「茶事の支度(1)」
    第5回「茶事の支度(2)」
    第6回「茶論的茶事」

総合監修 茶人 木村宗慎

少年期より茶道を学び、1997年に芳心会を設立。京都・東京で同会稽古場を主宰。
また国内外のクリエイターとのコラボレーションも多く、様々な角度から茶道の理解と普及に努めている。
2014年から「青花の会」世話人を務め、工芸美術誌『工芸青花』(新潮社刊)の編集にも携わる。

著書『一日一菓』(新潮社刊)、『利休入門』(新潮社)、『茶の湯デザイン』『千利休の功罪。』(ともにCCCメディアハウス)など。 

自分のペースで通える!続けやすい4つの特長

  • 特別な準備不要

    普段着でOK。
    外出や仕事帰りに
    そのまま稽古へ。
  • 好きな日時に

    月謝制ではなく
    チケット制なので
    無駄なく通えます。
  • 便利なウェブ予約

    予約・キャンセルは
    いつでもウェブから
    できます。
  • どの店舗でも

    予定や気分に合わせて
    お好きな店舗を
    利用できます。

料金表

体験稽古 3,300円
入会金 13,200円*当日入会なら無料
初級〜上級 各コース全6回39,600円

※価格はすべて税込です。
※各回にお茶・菓子が付きます。
※体験稽古にご参加後、その場で入会された場合は入会金が無料となります。